収益認識

概要:2014年5月に発行された収益基準はIFRSとUS GAAPにおいて従来の収益認識要件にほぼすべてを大きく収束し、置き換えられました。 この基準では、顧客との契約から生じるすべての収益に対する会計要件が規定されています。契約がリースなどの他の IFRS またはUS GAAP 要件に該当しない限り、顧客に商品やサービスを提供するために契約を締結するすべての企業に影響を与えます。この基準では、顧客に商品やサービスを提供する契約を取得して履行するために企業が負担するコストの会計処理を規定し、有形固定資産などの特定の非金融資産の売却に関する損益の測定と認識のためのモデルを規定しています。IFRS 15号は、IAS 11工事契約、IAS 18収益、IFRIC 13カスタマーロイヤルティプログラム、IFRIC15不動産販売、IFRIC 18顧客からの資産の移転、SIC-31収益 – 宣伝とバーター取引を含む、IFRSのすべての従来の収益基準と解釈を置き換えました。 基準を発行した後、特定の論点(例えば、プリンシパル対エージェントの考慮事項)およびその他の論点に関する異なる修正(例えば、知的財産のライセンス)に関するコンバージェンスの修正を発行しました。またFASBはIASBが発行していないいくつかの修正案(例えば、非現金対価、支払いの考慮)を発行しました。

IFRS15号における収益認識のステップ:

ステップ1 顧客との契約を識別

ステップ2 契約における履行義務を識別

ステップ3 取引価格の算定

ステップ4 取引価格を履行義務に配分

ステップ5 収益を認識

収益認識基準の導入と運用プロセス:

初年度:

ステップ1 調査対象の絞り込み

ステップ2 契約の分類

ステップ3 文書化

ステップ4 データーベース化

二年目以降:

ステップ5 新規取引契約の把握、分類

ステップ6 新規契約の文書化

ステップ7 既存契約の内容変更のチェック

ステップ8 データベースの更新