Capabilities

当社は、大手会計事務所で経験を積んだ専門家の会計アドバイザリー及び経営コンサルティングを提供いたします。私たちは、お客様の最重要プロジェクトを支援し、財務の有効性を向上させ、財務諸表の作成および監査の効率性を向上させ、それと同時にリスクを軽減し、お客様が会社の価値を最大化する経営に集中できるようお手伝いいたします。私たちは、変革と成長を通じてお客様の信頼できるアドバイザーになります。

​会計アドバイザリー​

技術的に高度な会計処理には、さまざまで複雑な論点での豊富な経験が必要です。会計基準を常に最新のの状態に保ち、固有の取引の会計処理を積極的に評価することは、最も有能な財務チームにとっても困難です。当社の専門家は、複雑な取引の会計処理の調査、分析、文書化、導入を日常的にサポートし、経営陣が監査対応ではなく日々の業務に集中し監査における指摘事項を回避することをお手伝いいたします。

財務報告に対する内部統制の構築支援

財務報告に対する内部統制(ICFR)は、規制当局が引き続き注視しております。最近もSECがICFRの重大な弱点を改善しなかったとして多くの企業に罰金を科した後、PCAOBは2018年の検査後にスタッフレビューを発表し、ICFRは依然として一般的な監査の欠陥であることを強調しました。ICFRは、企業の財務報告に対する信頼を高め、最終的には資本市場に対する信頼を促進するための重要な要素であり続けています。

  • 内部コントロールの構築のサポート

  • 既存の内部統制文書の更新のサポート

海外子会社の経営管理支援

『当社の海外子会社は現地のベテラン社員に任せているから安心』というのは、幻想にすぎません。我々はそのような海外子会社で不正が長年行われてきたケースを数多く見てきました。我々は専門的な見地から不正の調査を行い、是正するサポートをしています。また、監査役や内部監査部の方々と協力することで、財務報告プロセスに係る内部統制監査のサポートもしています。

  • 海外子会社の不正調査

  • 監査役等の海外監査/往査同行サポート

  • 内部監査の支援

  • 英語契約書等の作成支援

サステナビリティ情報開示支援

ステークホルダーから重要な非財務情報に関する適切な開示を求める声が高まってきております。多くの企業がすでに非財務情報(ESG)を何らかの形でお持ちになっておりますが、その情報が利用者にとって有意義な形で開示されていない場合が多いのが現状です。当社ではSustainability Accounting Standards Board (SASB)が作成した77の業界の開示基準を利用して、お客様の非財務情報開示の充足性の検討支援をさせて頂きます。SASBだけでなくその他の枠組み(CDSB, GRIなど)での充足性の検討支援もさせていただきます。