​GOATアドバイザリーについて

Our Story 

GOATアドバイザリーはニューヨークで2019年4月に米国大手会計事務所のエグゼクティブであった上田守誠が設立しました。その後、2020年7月に米国大手会計事務所、PCAOBで経験を積んだ李正熙が参画。二人は米国で事業をする日本の企業、及びそのステークホルダーに高品質な会計、経営アドバイザリーが必ずしも行き届いていないことに疑問を感じ、大手会計事務所と同レベルのサービスを適正な価格でお客様に提供していくことを目標に営業しております。

Our Mission

GOATアドバイザリーはIntegrity (誠実・インテグリティ)、Commitment and Loyalty (コミットメントと忠誠)、そしてお客様のLong Term Value Creation (長期的価値の創造) をコアバリューとしてお客様に信頼される会計アドバイザリー事務所を目指しております。

Long Term Value

Creation

Integrity

Commitment 

​Loyalty

Our Competitiveness 

  • 当社はIFRSとUSGAAPに対応いたします。USGAAPを適用している会社もありますが、多くの日本の会社がIFRSを適用しており、それらの子会社、支店もIFRSもしくはIFRSをベースにした会計基準を適用しております。当社はIFRS、USGAAPのテクニカルアカウンティングの分野において深い知識と経験を有しております。

 

  • 当社はPCAOB、IAS、AICPAの監査基準を理解しております。お客様の会計監査人が従っている監査基準に準拠したお客様の文書作成を効率的にサポートいたします。

 

  • 当社は日本語、英語でお客様の監査人、本社管理部門、現地管理部門、現地の経営者の方と書面及び口頭で明確にプロフェッショナルなコミュニケーションをいたします。

  • ​当社メンバーは多国籍企業と多国籍な経営者と広範囲にわたり業務をした実績がございます。さらに、メンバーは日本の大手監査法人で業務を行った経験がございます。その経験から日本とアメリカ企業のコミュニケーション、文化、商慣習を理解しております。

  • 当社は会計監査において監査計画から監査の終了までの間に監査人、本社が必要とするものを横断的に理解しております。当社は会社、監査人が求める書式、文書、充足度を理解しております。

  • 当社は大手会計事務所とは違い日本企業のお客様をプライオリティカスタマーにしております。また、お客様のご予算にあったソリューションを提供させていただきます。

ビル前での雑談