検索
  • morimasauedaus

経歴詐称

更新日:2019年11月20日

会計事務所ではパートナーに昇格する前に諸々の個人情報を提出し、コンプライアンス違反のチェックをします。よく問題になるのが独立性違反です。例えば監査先企業の株を所有していると独立性違反です。独立性違反は会計事務所としては非常に大きな問題になるので例外なく厳しくチェックされます。


随分前になりますがコンプライアンス違反より深刻な問題が見つかったことがありました。仕事で絡んだことがある、優秀なシニアマネージャーがある日突然出社しなくなりました。突然出社しなくなる時は殆どのケースが何らかの理由で解雇されたときですが優秀だった彼の解雇の理由が気になり情報収集をしたところ、どうやらパートナー昇進の審査過程で何らかの問題が発見され解雇されたことがわかりました。さらに聞き込みをすると、いわゆるコンプラ違反とかではなく、経歴詐称が理由でした。監査部門の職員のマネージャー以上は公認会計士の資格を有していることが必須です。しかし、驚いたことにそのシニアマネージャーであった彼は会計士資格を持っていなかったのです。ヨーロッパ出身であったので出身国の公認会計士資格があればまだよかったのですが、それも有していませんでした。ヨーロッパにある別の事務所からシニアマネージャーで中途採用されていたことを考えると、恐らく米国に移住するときに経歴詐称に手を染めたと思われます。聞いたところによると彼が提出したライセンスのコピーが不鮮明であったため、原本の提出を求めたところライセンスナンバーなどが偽造されていたことがわかり、経歴詐称が発見されたそうです。クライアントの不正取引、不正会計を発見する業務を行っている会計事務所としては大変お恥ずかしい事件でした。採用時の人事によるバックグランドチェックがザルだったのか、パートナー昇進まで無資格に気づかず、そしてクライアントに無資格のシニアマネージャーを担当させ、報酬を頂いてたことを考えると報酬を全てお返しするぐらいの大失態であったかと思います。クライアントもさることながら、わたしも無資格だったとは知らずに、彼から色々とアドバイス受けていました。経歴詐称などせず、会計事務所以外の場所で能力を発揮していればよかったのに彼がなぜ経歴詐称をしたのか理解できませんでした。採用担当の責任を問われたとは聞かなかったのでこの事件、失態は穏便に処理されたかと思います。どのような再発防止策を打ったのか不明です。

閲覧数:134回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティ情報開示と言っても、何を開示すべきか判断に困るかもしれません。また、すでにあるCSRレポートや統合報告書を改善を考えているかもしれません。会社のサステナビリティの取組みは社会道徳にフォーカスしすぎて、合理的な投資家の関心事ではないかもしれません。ステークホルダーが誰にしろ実務者が常に考えることは会社にとって何が重要なサステナビリティ課題で情報開示の対象にするべきか考えてみてください

サステナビリティが注目されてきた理由にサステナビリティパフォーマンスと財務業績に重要な関係があることが学術、企業経営者の中で認識されてきたことが挙げられます。ハーバードビジネススクールによるとサステナビリティに積極的に取り組んでいる会社はそうではない会社よりも高い市場リターンだけでなく会計的なリターンも得ているそうです。この見解は他のリサーチの見方とも一致しており、サステナビリティと財務業績の間に

非財務情報、サステナビリティ情報の開示要求が増えた理由の一つに会社の評価において帳簿価値と市場価値の乖離が大きくなってきていることが挙げられます。その乖離は会社が有する無形資産が増えてきていることが一つの原因と言われています。かつては帳簿に計上されている有形資産が会社の評価において重要な要素でありました。しかし、あるリサーチによると1975年当時S&P500の価値の17%だった無形資産が2015年