検索
  • morimasauedaus

アメリカ人との電話会議

10月16日夜からニューヨークでは冷たい風が吹き荒れています。幸い今のところ停電等の影響はありませんが、発生した火事が強風により被害が大きくなったとのニュースもあり早く風が収まるのを待っています。


さて、アメリカ人との電話会議で苦労されている方がいるかもしれません。いくつかのケースを考えてみたいと思います。


ケース1:時間通りに電話会議に参加してくれない。


日本人的には時間通りに会議が始まるのがルール、礼儀だと思っているかもしれません。取引先、客とのフォーマルな電話会議以外ではほぼ時間通りに参加者全員が電話会議に参加してくれることはないと思います。期待するのは諦めてください。電話会議には外出先から、移動中に参加する米人がよくいますので、そういう人たちは遅れがちです。そこでイライラしても意味がないので5分ぐらい余裕をもって参加するのを待ってください。5分ぐらいの遅れなら、“Are you OK?”ぐらいの言葉をかけて、舐められない程度にいい人になった方が心証がよくなります。内部の電話会議で重要案件、ややこしい話をするときは相手のスケジュールを事前確認して、電話会議前の行動を把握しておいた方がいいかと思います。5分待っても参加してこなかったら、粘る必要はないのでリスケしてください。相手のペースに合わせる必要はありません。主導権を握ることが電話会議では重要です。


次回ケース2を考えます。


#電話会議#アメリカ人#英語#ビジネス英語#コミュニケーション#ケース

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティ情報開示と言っても、何を開示すべきか判断に困るかもしれません。また、すでにあるCSRレポートや統合報告書を改善を考えているかもしれません。会社のサステナビリティの取組みは社会道徳にフォーカスしすぎて、合理的な投資家の関心事ではないかもしれません。ステークホルダーが誰にしろ実務者が常に考えることは会社にとって何が重要なサステナビリティ課題で情報開示の対象にするべきか考えてみてください

サステナビリティが注目されてきた理由にサステナビリティパフォーマンスと財務業績に重要な関係があることが学術、企業経営者の中で認識されてきたことが挙げられます。ハーバードビジネススクールによるとサステナビリティに積極的に取り組んでいる会社はそうではない会社よりも高い市場リターンだけでなく会計的なリターンも得ているそうです。この見解は他のリサーチの見方とも一致しており、サステナビリティと財務業績の間に

非財務情報、サステナビリティ情報の開示要求が増えた理由の一つに会社の評価において帳簿価値と市場価値の乖離が大きくなってきていることが挙げられます。その乖離は会社が有する無形資産が増えてきていることが一つの原因と言われています。かつては帳簿に計上されている有形資産が会社の評価において重要な要素でありました。しかし、あるリサーチによると1975年当時S&P500の価値の17%だった無形資産が2015年